忍者ブログ

経理のおばちゃまの日常

息子に言われて始めました。会社で、自宅で…起きた出来事を伝えていきたいと思います。(^‐^)

無題




この前の土曜日(14日)に、真野集落で神事をしました。私たちの集落では、春と秋に一宮さん

といって講人が宿の家に集まって、神様事をします。

掛け軸には、壱宮神社さんから預かったものをかけて、小さな祠は、持ち回りで宿の家が祀ります

掛け軸には、安産の神様の下照姫命が描いてあります。下照姫命は、人々に農業の指導をし、

薬の知識を与え、安産の為の知恵を授けられたかたと言われています。

たぶん、春と秋に神事をするのは、安産祈願だけでなく、無事にお米が育つようにお祈りし、秋は、それに対して感謝のお祈りをするのだと思います。真野では、私のお姑さんが嫁がれる前からこの行事をしているようで、写真の大豆ごはんを入れているものの、裏に昭和7年と書いてありました。

こうやって、行事を継承している真野が私は、大好きです。今年は、宿でしたが、お嫁ちゃんと

孫二人もいてこの神事が出来て、喜びもひとしおでした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

最新記事

バーコード

アーカイブ

最古記事

カウンター

楽door(ラクドア) お天気ティッカー